メニュー

院長ブログ

CLユーザーの最後の拠り所 その3 乱視の人が老眼になったら(2019.07.30更新)

乱視の人には昔はハードコンタクトレンズをするのが常識でした。しかしソフトコンタクトレンズが進歩し、乱視用使い捨てコンタクトレンズの性能が上がってきました。その上処方も簡単になってきており、今は乱視用使い捨てレンズを使う方がほとんどです。

しかし、乱視用使い捨てレンズをしていた人が老眼になってくると、それに対応した遠近両用の乱視ソフトレンズは日本では発売されていませんし、世界的に見てもごくわずかしか実用化されていません。光学的に難しいという理由のほかに、レンズを規定する変数が多すぎる(近視度数、乱視度数、乱視の方向(軸と言います)、遠近の度数差)ため、数百種類ものレンズが必要になり、それを使い捨てとして大量生産して揃えるのが非常に困難なためです。現在ワンデーアキュビュー乱視用に欠品が多数出て、当院でも困っているのですが、数百種類の乱視レンズをすべて制作して、世界中の需要予測をしてうまく生産調整するのは、世界トップメーカーであるジョンソン&ジョンソンでも難しいことが良くわかると思います。

 そのためいろんな工夫が必要になります。

「仕方ないから老眼鏡を上から掛けるわ」

と言っていただくのが一番簡単でかつ性能が良いのですが

「メガネをしたくないからコンタクトレンズをしているのに、なるべくコンタクトレンズで行けませんか?」

と言われると普通の眼科では困ってしまうと思います。

当院ではその場合に次の三つの方法を使います。それを左右眼別々に組み合わたりもしています.

1) 乱視レンズの度数を緩めて、遠くを犠牲にして近くを見せる方法

遠方視力は落ちるので、運転時など遠くを見る時には近視を追加するメガネが必要になります。初期老視の45-50歳までは何とかこれで行けるかもしれません。

2) 乱視矯正を諦めて遠近両用ソフトコンタクトレンズにしてしまう方法

乱視度数が-1.25D程度まで(乱視レンズの乱視部分が-0.75D程度まで)なら、何とか乱視なしでも近視のみのソフトレンズでの矯正が1.0ぎりぎりだと思います。その場合遠近両用ソフトコンタクトレンズを使用することも出来ると思います。しかし遠くも近くも遠近両用によるぼやけがあり、その上乱視未矯正によるダブりが加わるので厳しいかもしれません。

3) 乱視レンズで左右の度数差を付け、片眼を遠くに、そしてもう片眼を近くに見せる方法

いわゆる「モノビジョン処方」と言われるやり方で、効き眼(主に遠くを見るのに使っている眼、優位眼とも言います)を遠くに、そうでない眼を近くに合わせます。私自身もスポーツやプールに行くとき、またコンタクトレンズ学会では(笑)コンタクトレンズをするのですが、その場合はこれでやっています。モノビジョンは出来る人が7割、どうしても出来ずに頭痛や吐き気が出る人が3割位居るので、実際にやっていただかないと判りません。また普通は効き目を遠くに合わせるのですが、逆に効き目を近くに合わせた方が良い方、例えばずっとVDTを見ている事務職の方なども居られるので、その人その人によってやり方はトライアンドエラーになると思います。私はそう思いって最初は効き目を近くにしてみたのですが、遠くが見えなくてイライラしてやっぱり効き目遠くに変えました。

 

当院では昔から通っておられる方が多く、私も一緒に歳を取ってきたので、このような方が沢山おられます。トライアンドエラーですがほとんど私が指示しなくても検査員が色々工夫してくれています。どうしても満足が得られないこともありますので100%とは言いませんが、困っているのでしたらぜひ一度ご来院下さい。時間がかかりますので土曜日はとてもそれだけの時間が取れません。平日の午後3時から4時ごろがベストだと思います。水曜日午後はお休みですのでご注意ください。

はらぺこ院長のミナミランチ食べ歩き その3 明治軒(2019.07.30更新)

ミナミには洋食の名店がたくさんあります。たぶん大正時代から昭和初期のの「大大阪」(だいおおさかと読みます)と言われた時代に洋食が流行し、その流れが戦後まで続いているのでしょう。明治軒のオムライス、はり重カレーショップ、北極星のオムライス、ニシモトの洋風弁当、自由軒のライスカリー….

今回はその中でも当院に一番近い、オムライスの名店「明治軒」を紹介しましょう。当院の一本南、清水通りにあります。

 明治軒オムライ串セット

明治軒と言えばこれ。オムライス+串カツ。常連客はこれを「オムライ串三本セット」と呼びます。串カツは薄い豚スライスをあっさりとフライしてあり、少し酸味のあるソースがかかっています。付け合せのボイルキャベツは給食の味。まったく味が付いていないので、串カツやオムライスのソースでいただきます。串カツは3-5本まで注文でき、オムライスも小とか大とか大きさを変えられるようです。当然値段も変わります。

メインのオムライスには驚かれるかもしれません。具が全く入っておらず、ライスを特製のソース(なんだか茶色いグラタンソースみたいなのと普通のウースターソースみたいなのを混ぜておられます)を入れてフライパンで炒めておられます。それを卵で包み、また別のソースをかけています。ケチャップではありません。結構酸味が効いていますが、それでもオンリーワンの味なので、これは食べてみてください。

 

それ以外のビフカツ、チキンバスケット、銀串と言われる肉と野菜を刺して焼いたものなども色々美味しいです。私が夕食で行くときは、それらの一品+オムライス単品(中)を頼みます。9年前、母(岩崎和佳子)が最初の脳出血からリハビリして元気になった時にご馳走しました。明治軒の奥さんから

「アラー先生お久しぶり!元気になられたんですね!」

と言われて母は嬉しそうでした。当時85歳の母がぺろりとオムライス小とビフカツを平らげたのにはびっくりしました。私の食いしん坊は母からの遺伝です(笑)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME